#93 『シーズン中もレジスタンストレーニングを続ける』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー⑧


 

5488821063 4448d4d1a1

 

8回に渡ってお送りしてきたシリーズも今日が最終回です。それでは張り切って行きましょ〜!!

 

第8条「シーズン中もレジスタンストレーニングを続ける」

最近はどの競技も年間の試合数が増えてきて、いわゆるインシーズンの期間が非常に長くなっています。もはや、年間のうち数試合だけに合わせてコンディションを調整すれば良いという時代ではありません。

たとえオフシーズン中に一生懸命レジスタンストレーニングを実施して筋力や筋パワーが向上しても、シーズンに入った途端にレジスタンストレーニングを中止してしまうとディトレーニングが起こり、オフシーズンに獲得した筋力や筋パワーが徐々に低下してしまいます。ディトレーニングによる筋力低下のスピードは(最大酸素摂取量等と比べると)比較的遅いと考えられていますが、それでも1ヶ月もディトレーニングが続くと筋力が30%近く低下すると示す資料もあります(実際には個人差や他の運動の質や量や種類に影響を受けてこの数字は変化します)。

もしシーズンに入ってレジスタンストレーニングを完全に中止してしまうと、最初の1ヶ月程度はなんとかオフシーズン中に蓄えた筋力の大部分を維持する事ができるかもしれませんが、シーズン後半にはいわゆる「貯筋」も底をついてしまい、そのシーズンで一番重要な試合では貯筋ゼロという事になりかねません。

そこで、そうした事を防ぐためにはシーズン中もレジスタンストレーニングを継続する事がマストです。

でもオフシーズンとまったく同じトレーニングを続ける必要はありません。じゃあ、シーズン中はどういうトレーニングをすればいいのかって事になりますが、このあたりの話は過去のブログで既に書いています。内容が繰り返しになってしまうので、リンクを貼っておくのでそちらを読んでみて下さい。

 

上記のブログを書いた時は持久系アスリートに的を絞って考えたわけではありませんが、議論の内容は基本的に持久系アスリートにもそのまま適用可能なものです。

 

 

シリーズのまとめ

という事で、全8回に渡って持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時に私が考えている事(=フィロソフィー)についてお話をしてきました。これがSPORTECセミナーで私がお話した内容(3部作)のうちの第2部にあたるものです。セミナーにご参加頂いた方にとっては当日聞いた内容の復習になったかと思います。また、セミナーに参加されていない方にとっては、こちらのプレゼンスライドの内容の詳しい説明という形になったと思います。

SPORTECセミナーの第1部の内容はブログ形式で書くのが難しい部分があるので(不可能じゃないけど面倒くさいので)、今後このブログで詳しく書く予定はありません。第3部では、私が現在指導を担当している持久系アスリートのトレーニング内容を実例を交えながら説明しました。アスリートからはセミナーにおいてこうした情報を使う許可を頂きましたが、ブログで書いても良いという許可は得ていないので、第3部についても今後このブログで書く予定はありません。

という事で、SPORTECセミナーの内容について当ブログで書くのはこれでオシマイです。全部書いちゃうと、受講料を払ってセミナーにご参加頂いた方にも申し訳ないので・・・。

シリーズものにも飽きてきたので、次回からはまた以前のように単発もののブログ記事を書いていこうと思います。

 

 

※もし記事がお役に立てたら、facebookで「いいね」を押したりtwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです(^_^)

関連記事

#106 あえて競技特異的な(?)エクササイズを採用しないという選択

    競技特異性についてはこのブログで色々書いてきました。今日もそれに関連した議論をしたい

記事を読む

#139 【高強度インターバルトレーニング】必読のレビュー論文←無料ダウンロード可能!!

     高強度インターバルトレーニングは比較的短時間でエネルギー供給系の能力(無酸素だけで

記事を読む

#248 【月刊トレーニング・ジャーナル記事転載③】体幹トレーニング

     月刊トレーニング・ジャーナルに掲載して頂いた記事(河森執筆部分)を転載するシリーズ

記事を読む

#91 『高重量✕低レップ』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー⑥

    まだまだ続きます。   第6条「高重量✕低レップ」 持久系アスリートだからとい

記事を読む

#153 間欠性持久力のコンディショニング戦略のイメージ

  先日、職場内の勉強会でプレゼンをしました。その時の内容の一部を再利用してブログを

記事を読む

#69 シーズンオフのトレーニングだけで1年間戦えるカラダを作る事は不可能だっ!!

    前回のブログでシーズン中のトレーニングについてお話をしました。(試合期が長い競技では

記事を読む

#18 正しいエクササイズフォーム(テクニック)へのこだわり

    私、正しいフォーム(テクニック)でウエイトトレーニングのエクササイズを実施する事にこ

記事を読む

#157 特異的エクササイズについての雑感

    このブログをお読みの方はご存知かと思いますが、私はいわゆる「特異的エクササイズ」などと呼ば

記事を読む

#292 できるだけ重い重量を挙げるためのフォーム vs. できるだけ健康的に効率よくトレーニング効果を上げるためのフォーム

    以前のブログで、スクワットにおける各筋群の動員についての論文を紹介しました。 #2

記事を読む

#214 「トレーニング効果」も重要だけど「トレーニング効率」にも注意を払うべきではないのか?

    私がアスリートにS&C指導をする時のメインとなるツールはウエイトトレーニングです(

記事を読む

Comment

  1. […]  持久系アスリートがストレングストレーニングを導入しているケースはまだまだ少ないと思われますが、私は個人的に強くオススメします。昨年は、「持久系アスリートに対するレジスタンストレーニング」と題して、セミナーでお話もさせて頂きました。その時に使ったプレゼンスライドはコチラからご覧いただけます。また、その時のプレゼンの内容の一部については、このブログでも説明済みです(1、2、3、4、5、6、7、8)。特に、まだあまり他のアスリートがストレングストレーニングをやっていない今のうちに取り入れておけば、差をつける事ができるはずです。 […]

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 449今日の訪問者数:
    • 755昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑