#97 サッカー記事紹介:甲府のコンディショニングが生んだ脅威の“3パーセント”

公開日: : 最終更新日:2016/04/20 S&Cコーチとしての思考, コンディショニング・w-up・クールダウン


 

Medium 7388204652

 

sportsnaviで面白い記事を見つけたので紹介します。とりあえず下記のリンク先で記事を読んでみて下さい。

甲府のコンディショニングが生んだ脅威の“3パーセント”

我々のようなS&Cコーチの仕事がこのように取り上げられるのは珍しいので、こういう記事は貴重だな〜と思います。S&Cコーチという仕事の地位というか認知度を上げるのは重要だと最近特に感じているので、こういう記事がどんどん出てきて欲しいです。

 

 

記事の解説

さて、この記事を読んでの私の感想は「どこかで最近聞いた話と似ているな〜」という事でした。よく考えてみると、前回のブログで紹介したサッカーのピリオダイゼーションセミナーの講師のレイモンド・フェルハイエンさんの主張と似ているのです。似ているのは:

  • トレーニングは疲れるまで追い込めば良いってもんじゃないという考え方
  • 過度の疲労の蓄積を防いで毎回100%の状態でサッカーの練習やコンディショニングをやる事を重視している点

の2点です。前回のブログでも書きましたが、これらのポイントは共感できます。

その一方で、「過負荷ー超回復の原則」を重視している点は少し気になりました。私は個人的には、「超回復の原則」よりも「フィットネスー疲労理論」のほうが実際のトレーニングとその適応に関する現象をうまく反映していると考えています。もちろん後者も完璧なモデルではありませんが。

この「フィットネスー疲労理論」については近々ブログで説明したいと思います。とりあえず今日はここまで。 

 

2016/4/20追記:約束通り「フィットネスー疲労理論」についてブログを書きました。合わせてお読み下さい↓

#207 超回復理論 vs. フィットネスー疲労理論

 

 

※もし記事がお役に立てたら、facebookで「いいね」を押したりtwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです(^_^)

関連記事

#19 【アスリート向け】トレーニング日誌をつけるのがオススメです!

    私、トレーニングする時は必ずその内容をトレーニング日誌に書き留めています。 書く内

記事を読む

#180 体力トレーニングと精神論:「キツい」について

    トレーニングに関する仕事をしていると、「キツい」という事について色々と考える機会があります

記事を読む

#153 間欠性持久力のコンディショニング戦略のイメージ

  先日、職場内の勉強会でプレゼンをしました。その時の内容の一部を再利用してブログを

記事を読む

#166 S&Cプログラムの目的あるいは効果について、考え直してみる

    S&Cプログラムの目的あるいは効果について、よく耳にするのは「傷害予防」と「パフォ

記事を読む

#55 一流アスリートがやっているトレーニング≠一流のトレーニング

    オリンピックが閉幕しました。今回は、自分がサポートに関わったり日頃から接しているアス

記事を読む

#172 「私が開発したこのトレーニング理論は◯◯学会で発表されました」と言っているS&Cコーチは信用するな!

    通常、このブログはS&Cの専門家向けに記事を書いていますが、今日は一般の方をターゲ

記事を読む

#328 Training Load Monitoringについての無料動画をご紹介!

    「Training Load Monitoring」が流行りです。日本語で言うと「ト

記事を読む

#192 そもそもトレーニングは必要?バージョン2.0

    結構昔のブログで「そもそもトレーニングは必要?」というタイトルで、アスリートがS&

記事を読む

#126 持久力を向上するには試合での動きをトレーニングでシミュレートすれば良いのか?

    スポーツの持久力トレーニングを計画する上で試合分析が役に立ちます。 例えば、試合の

記事を読む

#109 Twitterつぶやきまとめ

    最近Twitterでつぶやいた事をまとめます。   一般のアスリートがクリーンやスクワッ

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 83今日の訪問者数:
    • 1166昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑