#264 【宣伝】コーチング・クリニック6月号「特異的なエクササイズは効果的か?」

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 宣伝


 

71akQZVhwZL

 

コーチング・クリニック最新号に、私の書いた記事が掲載されています。

S&Cにまつわる誤解や都市伝説について問題提起し、改めてS&Cの意義、重要性について発信していこうという主旨のシリーズで、現場でのS&Cコーチを中心にリレー形式で執筆を担当するというものです。今回は『特異的なエクササイズは効果的か?』というタイトルで記事を書かせて頂きました。このトピックについては本ブログでも何度も書いていますが、改めて自分自身の考えをまとめて文章にしてみました。是非読んでみてください。

以上、宣伝でした。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

世の中には、S&Cについての間違った情報を、あたかも正しい情報かのように発信してしまう偽S&Cコーチが氾濫しています。例えばこんなヒドイ記事(プロ野球選手に「走っただけで肉離れ」続出 の“元凶”は?)。正しい知識を備えたS&Cコーチであれば、こんな記事はクソみたいなもんだとすぐに気付きますが、そんな知識のない一般の人の中には本気で信じてしまう人もいることでしょう。そして、アスリートの中にも信じてしまうアスリートがいる可能性があります。そうすると、結局迷惑を被るのは、まともなS&Cトレーニングをアスリートに提供しようと真摯に努力をしている真面目な人達です。そんな不公平は許せません!ということで、こんなクソ記事を見つけたら、必ずTwitterやブログで晒して、「何言ってんだこいつ」と言ってやることに決めました。黙っていても損をするだけですから。

関連記事

#224 【宣伝】月間トレーニング・ジャーナル連載第9回「シーズン中のトレーニングについて」

     連載の第9回が、月間トレーニング・ジャーナルの12月号に掲載されています。今回のテーマは

記事を読む

#141 ケガの発生要因を指導者がつくってはいけない

      というタイトルで私が書いた記事がNSCAジャパン機関誌の7月号に載っています。NSCA

記事を読む

#312 自転車ロードレース選手にウエイトトレーニングを指導してきました

    今月初めに、SHIMANO Racing様からご依頼をいただいて、自転車ロードレース

記事を読む

#302 職場のHPにインタビュー記事が掲載されました

    まー、タイトルの通りなんですが、現在の勤務先であるJISSのホームページにインタビュ

記事を読む

#377 2016年S&Cつれづれアクセス数ランキングTOP10

     もうすぐ2016年も終わりですね。私にとって今年はある意味「勝負の年」でした。リオ

記事を読む

#240 【宣伝】月間トレーニング・ジャーナル連載第12回(最終回)「S&Cコーチとして幸せを感じる時、苦しいと感じる時」

    連載の第12回が、月間トレーニング・ジャーナルの3月号に掲載されています。今回のテー

記事を読む

#355 【宣伝】初めてGS Performance加賀さんと一緒にセミナー講師を務めます@TOKAI STRENGTH & CONDITIONINGジム開設記念講演会 in 名古屋

    10月9日(日)に「TOKAI STRENGTH & CONDITIONIN

記事を読む

#324 RFDに関するレビュー論文が無料で手に入る!

    RFDはS&Cコーチとしてもスポーツ科学者としても、非常に魅力的なコンセプト

記事を読む

#290 【セミナー】大宮でセミナー講師を務めました「爆発的パワー向上の科学的基礎」

    以前のブログ記事でも告知しましたが、9/13(日)にセミナー講師を務めました。5時間

記事を読む

#382 【カンファレンス報告】 NSCA国際カンファレンスで講師を務めました「ピーキングの捉え方とプログラムデザイン」

    以前のブログ記事でも告知しましたが、1/29(日)にNSCA国際カンファレンスで講師

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 445今日の訪問者数:
    • 755昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑