#297 エクササイズ指導やプログラムデザインといったスキルも重要だけど、考え方も重要

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 S&Cコーチとしての思考


 

Le Penseur at Columbia University 6435262909

 

S&Cコーチに必要な2大スキルは「エクササイズ指導」と「プログラムデザイン」です。まずはこれを身に付けないと始まりませんし、常に磨き続ける必要があるスキルです。しかし、この2つのスキルだけ身に付けておけば良いS&Cコーチになれるのかというと、そうでもないです。

 

S&Cコーチとしての考え方

じゃあ、上記の2つのスキル以外に、良いS&Cコーチになるために何が必要なのか?それは「S&Cコーチとしての考え方」です。「考え方」ってなんだかフワッとした表現なので、具体的にどういうことなのかわかりづらいかもしれません。私自身、明確に説明するのが難しいのですが、例えば以下のようなトピックを理解しておくことだと思ってください:

  • そもそもなぜトレーニングするのか?
  • トレーニングは手段であって目的ではない
  • トレーニングは補強であってメインは練習
  • トレーニング効果 vs. 効率
  • 超回復理論 vs. フィットネスー疲労理論
  • トレーニングの原則
  • トレーニング効果の転移
  • 競技レベル vs. トレーニング歴(レベル)
  • 測定のための測定はいらない

上のリストはあくまでも例なので、これだけ抑えておけばOKというわけではありませんが、最低限理解しておくべき項目です。知識として知っているというレベルではなく、しっかりと理解しておくということが大切です。

セミナー講師として話をさせてもらったり、スポーツ・フィットネス業界のいろんな人からお話を聞いたり、フィットネス関連情報(雑誌、本、ウェブ)を読んだりしていて、この辺りを理解していない人が意外に多いのではないか、と最近感じています。

 

 

なぜ考え方が大切か?

たとえ「エクササイズ指導」や「プログラムデザイン」といったスキルをしっかり身に付けていたとしても、「S&Cコーチとしての考え方」がしっかりしていないと、それらのスキルをうまく使いこなせません。S&Cコーチとして自分が持っているスキルの中から、目の前の状況やアスリート・競技の特性に応じて適切なものを選び、適切なタイミングで適切な量で使うための能力は「S&Cコーチとしての考え方」という抽象的なものになるのです。

あるいは、「S&Cコーチとしての考え方」がしっかりしていないと、そもそも間違ったスキルを身に付けてしまいかねません。たとえば、「トレーニングは手段であって目的ではない」「トレーニングの原則(特異性)」「トレーニング効果の転移」といったコンセプトをしっかりと理解していないと、「競技特異的エクササイズを実施すれば競技力向上に直結するんだ!」という間違った考えを持ってしまい、そのような間違ったスキルを教えているセミナーを受講したり、そのような間違ったスキルを教えているダメな人の弟子になったりするリスクがあります。そうなると、どれだけ意識を高く持ってスキルを磨く努力を続けたとしても、その努力のベクトルが間違った方向を向いているので、いつまでたっても良いS&Cコーチにはなれないでしょう。

 

 

まとめ

スキルを磨くことは大切です。私もセミナー参加や書籍の購入等の自己投資にはお金を惜しみません。スキルUPの重要性を理解しているからです。しかし、それだけでなく「S&Cコーチとしての考え方」という抽象的な能力UPにも注意を払ってもらいたいです。それが「適切なスキルを選択して身に付ける」「身に付けたスキルを使いこなす」というところに繋がっていくはずです。

ただし、「S&Cコーチとしての考え方」というのは抽象的な概念なだけに、どうやって身に付ければ良いのかわかりづらいかもしれません。別に自己アピールというわけではありませんが「S&Cコーチとしての考え方」は私の強みだと思っているので、まずは私のブログを読んだり私のセミナーに参加してみてください。その上で、自分の頭を使って色々と考えながら日々のトレーニング指導を実践していけば「S&Cコーチとしての考え方」はしっかりと身についていくと思います。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

ラグビーW杯日本代表が帰国しましたね。ベスト8は逃しましたが、素晴らしい成績だったと思います。ラグビーは観ていると心が熱くなってきますね。選手の気持ちが伝わってきます。

関連記事

#235 【Twitterで頂いたコメントに対する反論】スクワットの深さに関する論文の解釈の仕方

     過去のブログ記事(#22 【論文レビュー】スクワットの深さがジャンプパフォーマンス

記事を読む

#246 パフォーマンスの制限要因

    先日、スノーボードに行ってきました。私の腕前は「初級の上」くらいです(自己評価)。技

記事を読む

#280 筋トレと持久力トレを同時にやった場合のプラスとマイナスを考慮して、競技タイプ別に両方やるべきかどうかを考えてみる

     筋トレと持久力トレを同時に実施すると(同じ時期に平行して実施するという意味であって

記事を読む

#296 身体的特徴がスクワットのフォームに及ぼす影響

    スクワットのフォームには身体的特徴が大きな影響を及ぼします。「身体的特徴」と一言で言

記事を読む

#367 ウエイトトレーニング中に鏡を見るべきか見ないべきか?

    ウエイトトレーニングを指導する時は、原則として鏡を見させないようにしています。移動式

記事を読む

#72 矛盾:レジスタンストレーニング初心者がトレーニングを始める時

私が学生時代に抱いた疑問 私が大学生の時、スポーツ生理学やレジスタンストレーニング

記事を読む

#304 ラグビー五郎丸選手が出演したテレビ東京『FOOT×BRAIN』を観た感想

    テレビ東京で放送されている『FOOT×BRAIN』というサッカー番組に、ラグビーの五

記事を読む

#108 トレーニングの期分け(ペリオダイゼーション)はベストな方法?

    ちょっと刺激的なタイトルです。ブログが炎上しないかドキドキです。さて、今日はちょっと

記事を読む

#166 S&Cプログラムの目的あるいは効果について、考え直してみる

    S&Cプログラムの目的あるいは効果について、よく耳にするのは「傷害予防」と「パフォ

記事を読む

#265 「フィットネスー疲労理論」を理解すれば、シーズン中もトレーニングを継続することの重要性が理解できる

    先日、過去のブログ記事(#207 超回復理論 vs. フィットネスー疲労理論)を手直

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 1272今日の訪問者数:
    • 663昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑