#308 【セミナー】大宮でセミナー講師を務めました「非持久系競技における高強度インターバルトレーニングの活用」

公開日: : 最終更新日:2016/12/13 宣伝, 持久力・持久系アスリート


 

Spinning bike

  

以前のブログ記事でも告知しましたが、12/13(日)にセミナー講師を務めました。少し体調を崩して喉がガラガラだったので、いつものセクシーボイスをお聞かせできなかったこと、お詫びいたします。

 

セミナーの概要

セミナーでは「非持久系競技における高強度インターバルトレーニングの活用」というタイトルでお話をしました。内容は5部構成でした:

  • 第1部:非持久系競技における持久力の必要性
  • 第2部:HIITの役割・位置づけ
  • 第3部:HIITの運動強度
  • 第4部:HIITの種類と急性プログラム変数
  • 第5部:HIITプログラムデザインの実際

高強度インターバルトレーニング(HIIT)は最近フィットネス業界やS&C業界で流行っているトピックですが、「とりあえずHIITだけやってればいいだろう!」的な感じの流れになるのは良くないな〜と思っています。体幹トレーニングの流行が変な方向に進んでしまったように・・・。

そこで私なりにHIITの役割や位置づけをまずは明確にしたうえで、HIITに関する科学的知見も紹介しながら、どのようにHIITを活用していけば良いのかについて解説をしたつもりです。

 

 

参考文献

おそらく、事前知識ゼロの状態で私の話を聞いて全部理解するのは難しかっただろうと思います。そこで、今回のセミナーをきっかけとして、さらなる勉強につなげてもらうために、HIITに関する参考文献のリストを紹介したいと思います。

 

書籍

 

論文

  • Seiler (2010) What is best practice for training intensity and duration distribution in endurance athletes? Int J Sports Physiol Perform 5(3): 276-91 
  • Seiler (2009) Intervals, Thresholds, and Long Slow Distance:  the Role of Intensity and Duration in Endurance Training. Sportscience 13, 32-53, 2009
  • Laursen (2013) Training for intense exercise performance: high-intensity or high-volume training? Scand J Med Sci Sports 20(Suppl 2): 1-10.
  • Bishop et al. (2011) Repeated sprint ability Part 2: Recommendations for training. Sports Med 41(9): 741-56.
  • Buchheit & Laursen (2013) High-intensity interval training, solutions to the programming puzzle: Part 1 Cardiopulmonary emphasis. Sports Med 43(5): 313-38.
  • Buchheit & Laursen (2013) High-intensity interval training, solutions to the programming puzzle: Part 2 Anaerobic energy, neuromuscular load and practical applications. Sports Med 43(10): 927-54.
  • Laursen & Jenkins (2002) The scientific basis for high-intensity interval training: optimising training programmes and maximising performance in highly trained endurance athletes. Sports Med 32(1): 53-73.
  • Midgley & Mc Naughton (2006) Time at or near VO2max during continuous and intermittent running. A review with special reference to considerations for the optimisation of training protocols to elicit the longest time at or near VO2max. J Sports Med Phys Fitness 46(1): 1-14 

 

ネット記事

 

30-15 Intermittent Fitness Testの資料ダウンロード


 

まとめ

セミナーから一夜あけてみると、体調がかな〜り回復していました。 そして、精神的にすご〜くラクになりました。やはり精神的プレッシャーが大きかったんでしょう。もうしばらく5時間のセミナーはやりません。とりあえずリオ五輪終了後までは・・・。

 

【2015/12/20追記】NSCAジャパンのブログ(コチラ)でご紹介頂きました。 

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

セミナー準備に追われてブログ更新が滞っていましたが、これからはボチボチ更新していこうと思います。

関連記事

#339 【宣伝】NSCA国際カンファレンスで講師を務めます「ピーキングの捉え方とプログラムデザイン」

    来年の1月29日(日)にNSCA国際カンファレンスで講師を務めます。詳細はこちらです

記事を読む

#154 高強度インターバルトレーニングの運動強度を規定する方法(個人の能力差を考慮に入れる)

    前回のブログに続き、職場内の勉強会でプレゼンした内容の一部を再利用してブログを書きます。

記事を読む

#88 『エクササイズの漸進性:ProgressionとRegression』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー③

    シリーズ第3弾です。   第3条「エクササイズの漸進性:Progressionと

記事を読む

#195 【宣伝】月間トレーニング・ジャーナル連載第3回「体幹トレーニングについて」

    連載の第3回が、月間トレーニング・ジャーナルの6月号に掲載されています。今回のテーマは「体

記事を読む

#216 【宣伝】月間トレーニング・ジャーナル連載第8回「S&Cコーチとしての継続教育について」

      連載の第8回が、月間トレーニング・ジャーナルの11月号に掲載されています。今回のテーマ

記事を読む

#86 『特異的になりすぎない』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー①

    先日「持久系アスリートに対するレジスタンストレーニング」というテーマでセミナー講師を

記事を読む

#92 『Get Long, Get Strong』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー⑦

    あと2つ続きます。   第7条「Get Long, Get Strong」 は

記事を読む

#155 最大酸素摂取量にあたる走速度をフィールドで簡易に推定する方法

    前回のブログでは、高強度インターバルトレーニングの運動強度を規定する方法についてお話しまし

記事を読む

#257 【宣伝】NSCA機関誌ストレングス&コンディショニングジャーナル4月号「科学的知見に基づくS&C指導」

      昨年末にNSCAジャパンカンファレンスで「科学的知見に基づくS&C指導」

記事を読む

#372 今後はS&C専門家以外に向けてのブログ記事も書いていきます!

    これまでは、同業者であるS&Cコーチをターゲットとして、専門的な内容のブログ

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 347今日の訪問者数:
    • 1184昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑