#366 「研究よりも現場のほうが何年も進んでいる!」ってホント?


 

Scientist and microscope

 

現場での活動にプライドを持っているS&Cコーチの中には、スポーツ科学者を見下して「研究よりも現場のほうが何年も進んでいる。研究は現場でやっていることを後追いしているだけ!」という考え方をお持ちの方もいらっしゃるようです。

確かに現場のことを一切わかっていないスポーツ科学者が一部いるのは事実です。また、スポーツ科学の研究の多くはすでに現場でやられていることの効果を検証するものなので、ある意味「後追い」であることは否定できません。

しかし、だからと言って、現場での経験だけに頼って、科学的知見を全否定するのはちょっと違うんじゃない?と思うのです。

 

 

科学的知見を否定して経験だけに頼る人を批判したくなる理由

①研究によって、現場でやられていることが「効果がないor逆効果」と判明することがある

たしかに、現場で活動しているS&Cコーチのほうが、目の前の課題を解決するために色々と工夫をしていて、新しいエクササイズやトレーニング方法を開発しているのは事実です。そして、後の研究によって、それらのエクササイズやトレーニング方法が「効果がある」と確認されることがあるのも事実です。ある意味、研究は現場の「後追い」です。

その一方で、後追いの研究によって、「効果がある」と確認されるのと同じくらい、「効果がないor逆効果である」と確認されるものもあるんです。現場の経験が100%正しいわけはないので、間違うことだってあります。そんなの当然です。だから、それ自体を批判するつもりはありません。

しかし、「現場の経験のほうが何年も進んでいるんだから、研究者の言うことに耳を傾ける必要なんてないよ!」という態度のS&Cコーチがいたら、それは批判したくなります。スポーツ科学を軽視して、科学的知見を知ろうとしないと、「効果がないor逆効果である」と判明していることをやり続けてアスリートの不利益に繋がることもあるわけですから。

 

②「科学的知見に頼っているようではダメだ!」とか言う人に限って、研究をした経験がない

これは私の勝手な決めつけかもしれませんが、科学的知見を否定する現場主義者の人たちは、自身で研究をした経験がないと思われます。

大学院で研究をして博士号まで取得し、現場でもアスリートのトレーニング指導をしている私が断言しますが、たしかに科学的知見を実際のトレーニングに活かすことには限界があります。

ただし、自身で研究をしたこともないのに、科学的知見の限界なんてわかるはずがありません!わからないのに変なこと言わないほうがいいし(恥かきますよ・・・)、なんだったら大学院に行って自身で研究をしてみて、研究の限界を見きわめたうえでそういう発言をされたらいかがでしょうか?

 

 

まとめ

現場で活動しているS&Cコーチのほうが、目の前の現実的な課題を解決するために工夫が求められるのは間違いありません。研究はそれらの工夫を後追いで確認する作業が大半であることもまた事実です。そして、トレーニング指導の現実を知っていて、現場で使えるような実践的な研究をしているスポーツ科学者が少ないのも否定できません。

でも、だからと言って「研究よりも現場のほうが何年も進んでいる」という意識で研究者を見下し、科学的知見を取り入れる努力をしないと、アスリートに最高のサービスを提供するのは不可能です。

現場での経験を大切にして創意工夫することと、科学的知見を活用することは、二者択一の話ではありません。両者をうまく組み合わせることは十分可能ですし、うまく組み合わせることがS&Cコーチには求められているのだと思います。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

 ピコ太郎のペンパイナップルアップルペンが流行っていますが、それのインド版が面白いです。完全にハマってしまいました!頭から離れません・・・。

関連記事

#353 学術論文を批評的に読むということ①

    3週間のリオ出張から帰国後、ドッと疲れが出て体調を崩し、1週間ほど寝込んでいました。

記事を読む

#65 エビデンスに基づいたトレーニング指導?

    最近「エビデンスに基づいた」トレーニング指導という表現をよく目にします。もともとこの

記事を読む

#343 トレーニング指導に科学的根拠(エビデンス)を求めるのは、「選手にラクをさせたいから」ではなく「どうせキツいことをやらせるなら、効果があることをやらせてあげたいから」なんだな〜

    今日は短めに。 東大の石井直方先生の「筋肉の科学」を読んでいて、「『楽をしたら強く

記事を読む

#220 Endnoteを使って論文のPDFファイルを管理する

  今日は、Endnoteというソフトウェアを使った、学術論文の管理方法について紹介します(Endn

記事を読む

#338 S&Cコーチとして学術論文を読めるようになるまでのプロセス

     親しくさせていただいているユニバーサルストレングス野口さんのブログ記事「S&

記事を読む

#235 【Twitterで頂いたコメントに対する反論】スクワットの深さに関する論文の解釈の仕方

     過去のブログ記事(#22 【論文レビュー】スクワットの深さがジャンプパフォーマンス

記事を読む

#341 「筋肥大のためにはセット間レストを短くすべき!」という考え方は、科学界では否定されつつある

    ウエイトトレーニングのプログラムデザインにおいて、強度・量・頻度・エクササイズ選択と

記事を読む

#281 「効率の良い動きを鍛える」って何?ファンクショ◯ルって何?

    なをきのつぶやき 最近ファンクショナ◯がどーのこーの言っている人たちが、「筋トレだ

記事を読む

#251 S&Cコーチとして科学的知見に精通し続けるために使える方法の1つ『Strength & Conditioning Research』

     科学的知見に基づくS&C指導というタイトルで昨年末にお話をしました。「科学

記事を読む

#349 科学的知見にもとづいたベストの方法を常に選べるわけではないのが現実だから、セカンド(あるいはサード)ベストも考えておくことが必要 〜concurrent trainingの例を添えて〜

    今回はフランス料理のメニューみたいなタイトルを付けてみました〜(最後の部分だけですが

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 103今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑