#118 ブログ紹介:パワーを最大限に高めるために

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 S&Cコーチとしての思考, 論文レビュー


 

Medium 7686241792

 

今日は非常に素晴らしいブログを紹介します。

http://bretcontreras.com/maximizing-power-production/

 

このブログでは、パワーを最大限に高めるためには:

  • 高重量ストレングスエクササイズ(例:スクワット、デッドリフト、プレス、懸垂、etc)
  • 爆発的ストレングスエクササイズ(例:ジャンプスクワット、パワークリーン、ケトルベルスイング、etc)

の両方を組み合わせる必要があると述べています。私はこの考え方に大賛成です。じゃあ具体的にどう組み合わせるのか?ということについては色々と議論があるでしょう。同じ時期に両方やるのか、あるいは期分けをして順序を考えて取り入れるのか・・・。ちなみに、この議論の基となるレビュー論文は「The optimal training load for the development of muscular power」というタイトルでKawamori&Haffという著者によって2004年にThe Journal of Strength and Conditioning Researchというジャーナルに掲載されたものです。

 

・・・ん?Kawamori?そうです。このKawamoriは私です。私がアメリカの大学院修士課程に留学していた時に修士論文用に書いたレビュー論文なのです!どうりでこの考え方に大賛成するわけだ。ハッハッハー!

というわけで、今日は自慢でした。こんな事で自慢する小さい男でスミマセン。正直言うと、最近ネタがないんです・・・。

 

※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

#356 業界の発展のために、他の専門家を批判するのはやめろってか!?

    今日は短めに。 「フィットネスやS&Cの業界は、まだまだお金を稼いで食べて

記事を読む

#325 ランジ動作で、上体を前傾させるべきか直立に保つべきか?

     基本的に、私がアスリートにランジ動作(例:フォワードランジ、リバースランジ)をやら

記事を読む

#142 【高強度インターバルトレーニング】必読のレビュー論文第2弾!!

    少し前に無料ダウンロード可能なレビュー論文を紹介しました。 #139 【高強度インターバル

記事を読む

#322 現役アスリートに参考にしてもらいたい、トレーニングに対するプロ野球日本ハム大谷選手の考え方

      今日はプロ野球日本ハムの大谷選手のインタビューを紹介します。まずは下記リンクか

記事を読む

#376 Velocity Based Training(VBT)が流行っているけど、その前に正しいフォームの習得を優先したほうがいいんじゃないかしら?

      Velocity Based Training(VBT)とは? Veloci

記事を読む

#352 リオ五輪を観ていて、S&Cコーチとしての責任の大きさを改めて感じました

    1人のアスリートには多くの人が関わっている 普段S&Cコーチとしてトレーニ

記事を読む

#55 一流アスリートがやっているトレーニング≠一流のトレーニング

    オリンピックが閉幕しました。今回は、自分がサポートに関わったり日頃から接しているアス

記事を読む

#36 【論文レビュー】アクチベーションドリル その1

前回のブログでアクチベーションドリルとは何ぞやという事について書きました。今回は、このア

記事を読む

#45 筋肉を付けると身体が固くなる?

      ウエイトトレーニングをして筋肉を付け過ぎると身体が固くなるとか言う人がいるけど

記事を読む

#81 【再考】トレーニングにおける特異性の原則

    前回のブログで、「疲労した状態でスピードやパワーを発揮する能力」を鍛えるために、疲労

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 77今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑