#118 ブログ紹介:パワーを最大限に高めるために

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 S&Cコーチとしての思考, 論文レビュー


 

Medium 7686241792

 

今日は非常に素晴らしいブログを紹介します。

http://bretcontreras.com/maximizing-power-production/

 

このブログでは、パワーを最大限に高めるためには:

  • 高重量ストレングスエクササイズ(例:スクワット、デッドリフト、プレス、懸垂、etc)
  • 爆発的ストレングスエクササイズ(例:ジャンプスクワット、パワークリーン、ケトルベルスイング、etc)

の両方を組み合わせる必要があると述べています。私はこの考え方に大賛成です。じゃあ具体的にどう組み合わせるのか?ということについては色々と議論があるでしょう。同じ時期に両方やるのか、あるいは期分けをして順序を考えて取り入れるのか・・・。ちなみに、この議論の基となるレビュー論文は「The optimal training load for the development of muscular power」というタイトルでKawamori&Haffという著者によって2004年にThe Journal of Strength and Conditioning Researchというジャーナルに掲載されたものです。

 

・・・ん?Kawamori?そうです。このKawamoriは私です。私がアメリカの大学院修士課程に留学していた時に修士論文用に書いたレビュー論文なのです!どうりでこの考え方に大賛成するわけだ。ハッハッハー!

というわけで、今日は自慢でした。こんな事で自慢する小さい男でスミマセン。正直言うと、最近ネタがないんです・・・。

 

※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

#274 【論文レビュー】両足を横一直線に揃えた状態からスプリントを開始する場合、そのまま前に一歩踏み出した方が速いのか、一度ステップバックした方が速いのか?

    先日、職場の同僚から本記事のタイトルに関連した質問をされたので、今回はそれを調べた研

記事を読む

#142 【高強度インターバルトレーニング】必読のレビュー論文第2弾!!

    少し前に無料ダウンロード可能なレビュー論文を紹介しました。 #139 【高強度インターバル

記事を読む

#87 『Stress is additive』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー②

    前回の続きです。     第2条「Stress is additive」 な

記事を読む

#344 ウエイトトレーニングの時にオススメのシューズ

    ウエイトトレーニングをする時に履くべきシューズは何か?というのは、よく聞く議論です。

記事を読む

#211 ウエイトトレーニングを若くから始めてしまうと、大人になってからのパフォーマンスの伸びしろを狭めてしまうのか?

    最近、以下のような趣旨の発言を耳にしました。 高校生くらいの年代のアスリートは技術を磨く

記事を読む

#353 学術論文を批評的に読むということ①

    3週間のリオ出張から帰国後、ドッと疲れが出て体調を崩し、1週間ほど寝込んでいました。

記事を読む

#64 力みのないフォームが良い≠筋力は必要ない

    野球やゴルフ、競泳等、フォームが重要とされるスポーツにおいては、「力みのないフォームあるい

記事を読む

#158 過去記事紹介:そもそもトレーニングは必要?

    なかなか自分の書いた文章を読み返すという事はないので

記事を読む

#37 【論文レビュー】アクチベーションドリル その2

前回のブログでアクチベーションドリルに関する研究をレビューして、「適切なエクササイズを選

記事を読む

#367 ウエイトトレーニング中に鏡を見るべきか見ないべきか?

    ウエイトトレーニングを指導する時は、原則として鏡を見させないようにしています。移動式

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 202今日の訪問者数:
    • 662昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑