#118 ブログ紹介:パワーを最大限に高めるために

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 S&Cコーチとしての思考, 論文レビュー


 

Medium 7686241792

 

今日は非常に素晴らしいブログを紹介します。

http://bretcontreras.com/maximizing-power-production/

 

このブログでは、パワーを最大限に高めるためには:

  • 高重量ストレングスエクササイズ(例:スクワット、デッドリフト、プレス、懸垂、etc)
  • 爆発的ストレングスエクササイズ(例:ジャンプスクワット、パワークリーン、ケトルベルスイング、etc)

の両方を組み合わせる必要があると述べています。私はこの考え方に大賛成です。じゃあ具体的にどう組み合わせるのか?ということについては色々と議論があるでしょう。同じ時期に両方やるのか、あるいは期分けをして順序を考えて取り入れるのか・・・。ちなみに、この議論の基となるレビュー論文は「The optimal training load for the development of muscular power」というタイトルでKawamori&Haffという著者によって2004年にThe Journal of Strength and Conditioning Researchというジャーナルに掲載されたものです。

 

・・・ん?Kawamori?そうです。このKawamoriは私です。私がアメリカの大学院修士課程に留学していた時に修士論文用に書いたレビュー論文なのです!どうりでこの考え方に大賛成するわけだ。ハッハッハー!

というわけで、今日は自慢でした。こんな事で自慢する小さい男でスミマセン。正直言うと、最近ネタがないんです・・・。

 

※もし記事がお役に立てたり面白いと思って頂けたら、Facebookで「いいね 」を押したりTwitterでつぶやいたりして頂けるとうれしいです (^_^)

関連記事

no image

#40 今日の気付き

深爪して、フックグリップでクリーンとかすると親指の痛みがハンパないんだなぁ・・・ なをき

記事を読む

#371 アスリートの筋力の左右差をどう捉えて、ウエイトトレーニングでどうアプローチしていくか

    これまでバドミントンやフェンシングのように片側性スポーツ競技のトレーニング指導を担当

記事を読む

#79 自分のエゴでコーチングをしちゃだめよ

    このタイトルのこと、最近良く思います。こちらのブログでも同じような内容が書かれていま

記事を読む

#307 1RM Tableが必ずしも全てのエクササイズに当てはまらない理由の1つ:エクササイズの特性(自体重が負荷に含まれるか否か)

    S&C関連のテキストや書籍の多くに1RM Tableなるものが掲載してありま

記事を読む

#72 矛盾:レジスタンストレーニング初心者がトレーニングを始める時

私が学生時代に抱いた疑問 私が大学生の時、スポーツ生理学やレジスタンストレーニング

記事を読む

#106 あえて競技特異的な(?)エクササイズを採用しないという選択

    競技特異性についてはこのブログで色々書いてきました。今日もそれに関連した議論をしたい

記事を読む

#273 「運動」と「トレーニング」の違い

    以前、AthleteBody.jpというサイトにレジスタンストレーニング「漸進性過負

記事を読む

#172 「私が開発したこのトレーニング理論は◯◯学会で発表されました」と言っているS&Cコーチは信用するな!

    通常、このブログはS&Cの専門家向けに記事を書いていますが、今日は一般の方をターゲ

記事を読む

#158 過去記事紹介:そもそもトレーニングは必要?

    なかなか自分の書いた文章を読み返すという事はないので

記事を読む

#143 ジャンプ系エクササイズの呼び方

    ジャンプ系エクササイズには色々なバリエーションがありますが、それぞれのエクササイズの

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 57今日の訪問者数:
    • 508昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑