#251 S&Cコーチとして科学的知見に精通し続けるために使える方法の1つ『Strength & Conditioning Research』

公開日: : 最終更新日:2015/08/07 エビデンスに基づいたトレーニング, 論文の読み方


  

2957757991 5866f9cb2c

 

科学的知見に基づくS&C指導というタイトルで昨年末にお話をしました。「科学的知見に基づくS&C指導」というコンセプトは重要ですが、S&Cコーチとして現場で活躍しながら科学的知見に精通し続けるのは、かなり大変な作業であるとも感じます。そんな場合にオススメの情報源として、YLMSportScienceというプロジェクトを以前に紹介しました。今回はそれとは別な情報源を紹介したいと思います。

 

Strength & Conditioning Research – Articles

このサイトでは、トピック毎に過去の関連論文をレビューしてまとめてくれています。英語ですが、そもそも論文(=科学的知見)は英語で書かれているものなので、そこはがんばって読みましょう。

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

月1のバスケをした翌日は、利き腕の上腕二頭筋が筋肉痛になります。多分、シュートする時に肘関節を素早く伸展させた後に、その勢いを止めるためのブレーキ役として、上腕二頭筋がエキセントリックに力を発揮しているからでしょう。エキセントリックな筋活動は筋肉痛を引き起こしやすいので。

関連記事

#225 NSCAジャパンS&Cカンファレンスで講師を務めました「科学的知見に基づくS&C指導」

    本日、NSCAジャパンS&Cカンファレンスで講師を務めました。 タイトルが「科学的

記事を読む

#338 S&Cコーチとして学術論文を読めるようになるまでのプロセス

     親しくさせていただいているユニバーサルストレングス野口さんのブログ記事「S&

記事を読む

#303 【論文レビュー】腹腔内圧を高めるのに有効なのはどっち? ドローイン vs. ブレイシング

    ウエイトトレーニングをする時にお腹周りをどのように固めて安定させるのか、という議論が

記事を読む

#101 「エビデンスに基づいたトレーニング(指導)」に対して過剰に反応しすぎていませんか?

  あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、いきなり本題に入りますが、「

記事を読む

#164 【学術論文の読み方】研究デザインについて

    エビデンスに基づいたトレーニング指導について、このブログでも過去に何回か記事を書きました。

記事を読む

#370 「Jump Squat」と「Squat Jump」は何が違うの?

    S&Cに関する学術論文や書籍、ネット記事等を読んでいると「Jump Squa

記事を読む

#374 「学術論文を批判的に読む」を実践している動画の紹介

    前回、はじめてアスリート向けにブログ記事を書いてみました(#373 【アスリート向け

記事を読む

#354 学術論文を批評的に読むということ②

    前回のブログでは、「学術論文を批評的に読む」というプロセスを実践している動画を紹介し

記事を読む

#366 「研究よりも現場のほうが何年も進んでいる!」ってホント?

    現場での活動にプライドを持っているS&Cコーチの中には、スポーツ科学者を見下

記事を読む

#65 エビデンスに基づいたトレーニング指導?

    最近「エビデンスに基づいた」トレーニング指導という表現をよく目にします。もともとこの

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 78今日の訪問者数:
    • 647昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑