#334 スポーツにおいて効率の良い動きは大切だけど、ウエイトトレーニングでは効率の良い動きを求める必要があるのか?

公開日: : S&Cコーチとしての思考


 

Efficiency

 

GS Performance加賀さんのツイートにインスパイアされて、ブログ記事を書いてみます。

 

 

スポーツにおける効率の良い動き

スポーツで勝つためには、効率の良い動きを追求することが重要です。

たとえばマラソンのような持久系競技において、効率の悪い動きをしていては、どれだけVO2maxやら乳酸閾値やらが高くても、勝つことは難しいでしょう。一方、ウエイトリフティングのような筋力・パワー系競技においても、効率の悪い動きをしていては、どれだけ筋力が強くても持ち上げられる重量は制限されてしまいます。

したがって、スポーツの練習においては、自分が現時点で持っている身体能力を最大限に活用するため、効率の良い動きを身につけようと試行錯誤する必要があるわけです。

 

 

ウエイトトレーニングにおける効率?

では、ウエイトトレーニングにおいても、効率の良い動きを追求する必要があるのでしょうか?答えを先に言うと、必ずしもそんなことはありません。

そもそも、ウエイトトレーニングにおいて「効率の良い動き」と言った場合、より高重量を持ち上げられる動きやフォームを指すことになるでしょう。しかし、できるだけ高重量を持ち挙げるフォームを追求すると、自分の強い筋肉を活かすようなフォームになるはずです。

たとえば、お尻やハムストリングと比べて大腿四頭筋が強い人が効率を求めてスクワットをすれば、大腿四頭筋を使うようなフォームになるでしょう。できるだけ重い重量をスクワットするのが目的なのであれば、そのようなフォームが効率的ということになるのかもしれません。

しかし、お尻やハムストリングを強化するためにスクワットをやるのであれば、そのようなフォームを使っていては効率的に狙ったトレーニング効果を得ることはできません。たとえ挙上重量が大幅に下がったとしても、無理してお尻やハムストリングを使うようなフォームでスクワットをするほうが、効率的に筋力強化を図ることが可能になるはずです。

・・・とそんなことを書いていたら、すでに同じようなことを書いていたのを思い出しました。

#292 できるだけ重い重量を挙げるためのフォーム vs. できるだけ健康的に効率よくトレーニング効果を上げるためのフォーム

 

 

まとめ

一般のアスリートがウエイトトレーニングをやる場合、重い重量を持ち挙げるのが目的なのではなく、筋力や柔軟性の強化という目的を達成するための手段としてやっているはずです。となると、より高重量を持ち挙げるための「動きの効率」を追求するよりも、中・長期的にトレーニング効果を得られるような「トレーニング効果の効率」を追い求めるべきではないでしょうか?

そのような視点を持っていれば、おのずと「ウエイトトレーニングにおける正しいフォーム」も見えてくると思います。以上。

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

やはり、「有名アスリートをブログで取り上げると閲覧数が伸びる」法則は健在でした。錦織選手には全仏に向けて頑張ってほしいですね!

#333 記事紹介「錦織圭がマスターズ1000大会を欠場してまで2週間休む理由」

関連記事

no image

#2 ランダム思考

1. 自分で自分自身のトレーニングプログラムを作る代わりに、他の人が考えたトレーニングプログラムに従

記事を読む

#235 【Twitterで頂いたコメントに対する反論】スクワットの深さに関する論文の解釈の仕方

     過去のブログ記事(#22 【論文レビュー】スクワットの深さがジャンプパフォーマンス

記事を読む

#135 肩の痛みが消えた経験から考えたこと

    私事ですが、昨年末に変な体勢で寝て左肩を痛めてしまい、その後、痛みを我慢してベンチプ

記事を読む

#336 ウエイトトレーニングを否定する運動指導者の理屈を否定してみる(バカには運動指導者は務まらない)

    バーベル等の外的な負荷を使った、いわゆるウエイトトレーニングを否定する運動指導者がい

記事を読む

#44 体幹スタビリティの重要性をパチンコ(武器)の比喩で説明してみる

    一般的に、競技スポーツにおける体幹スタビリティの重要性はいろいろな形で説明されています。例

記事を読む

#326 ランジ動作では『直立型』を目指すけど、場合によっては「上体を少し前傾させろ!」と指導することもある

     前回のブログの続き・補足を書きます。   『直立型』は絶対!? まず、前回の

記事を読む

#87 『Stress is additive』:持久系アスリートに対してレジスタンストレーニングを処方したり指導したりする時のフィロソフィー②

    前回の続きです。     第2条「Stress is additive」 な

記事を読む

#242 ニーズを無視する?

    Facebook上で、「ニーズを無視する」という記事(書き込み?)を読んで、とても共

記事を読む

#343 トレーニング指導に科学的根拠(エビデンス)を求めるのは、「選手にラクをさせたいから」ではなく「どうせキツいことをやらせるなら、効果があることをやらせてあげたいから」なんだな〜

    今日は短めに。 東大の石井直方先生の「筋肉の科学」を読んでいて、「『楽をしたら強く

記事を読む

#46 「今日は良いトレーニングだったな〜!」って?

    アスリートやクライアントのトレーニングを指導していて、表題のように思うことたまにあり

記事を読む

  • 河森直紀(かわもり なおき) PhD, CSCS

    1979年10月17日 神奈川生まれ 埼玉育ち
    ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチ。

    • 57今日の訪問者数:
    • 508昨日の訪問者数:
PAGE TOP ↑